ケーススタディ

果物産業におけるブランドエンゲージメントの機会を探る

世界的な果物製造業者は、現在のライセンシング状況について把握し、日本市場における新しい分野への参入戦略を策定することを目指していた。

新たな投資商品およびサービスの評価

米国第二位のミューチュアル・インデックス・ファンドは、日本の主要顧客層である50歳以上の男性について、新たな投資商品およびサービスに対する反応やオンラインでの商品購入や株式・債券取引を可能にするオンラインインターフェースに対する反応を理解したいと考えていた。

イヤフォン型聴覚強化装置に関する調査

世界的なオーディオ機器企業は、従来の補聴器にワイヤレスイヤフォンの機能を備えた多機能型聴覚強化装置を開発した。潜在的なターゲット層における製品の受容性や関連性を理解したいと考えていた。

歴史ある玩具ブランドの再生戦略

世界的な玩具メーカーは、有名なバービーブランドに対する現顧客の認識を深掘りし、日本におけるブランドポジショニングの最適化を図ろうとしていた。

世界的な自動車ブランドとリテールビジネスの未来を考える

大手自動車ブランドは、日本市場をリテールビジネスやユーザーエクスペリエンス、サービスの絶対的基準として捉えることで、従業員教育やモチベーションの向上に役立てようとしていた。

高級自動車メーカーが狙う新規顧客のポジショニングおよびプロモーション戦略

世界的に有名な成果主義のイタリア発自動車ブランドは、初心者向けの製品を開発することで、早い段階からブランドのフォロワーを獲得することを目指していた。具体的には、自社のトップブランドに憧れを抱きつつも金銭的な余裕がない消費者をターゲット顧客として設定し、そこに働きかけることで、将来の潜在顧客として確保することを検討していた。

高級スポーツカー所有者の満足度調査

新しいモデルの高級スポーツカーの発売から数ヶ月後、世界的に有名なドイツの自動車メーカーは、顧客の満足度を評価したいと考えていた。販売活動やさまざまなモデルの特徴などを含む購入プロセスから各タッチポイントにおける所有者の充実感について理解することを目指していた。

消費者と協働で作り上げる商品開発をサポート

ニュージーランド発の有名なフードブランドは、収益性の高い日本の高齢者市場で培われてきた健康を増進させる栄養素(サプリメントや食品添加物として、歳を重ねても身体の強さやウェルビーイングを高めるもの)に関する技術的ノウハウを獲得したいと考えていた。

市場理解とコンセプト評価

有名なストリーミングサービス企業では、ユーザーとのつながりを強化するための方法を模索していた。当社ではいくつかの拡張機能のテストを行い、市場への展開に向けた検討を行った。

新たなテレビ番組のポジショニング戦略

あるクライアントは、近日制作予定の新しいテレビ番組の受容性を評価したいと考えていた。訴求したいコンセプトの強みを理解し、ターゲット視聴者にとって魅力的な番組にするためのポジショニング戦略の策定を検討していた。

新たなフードデリバリーアプリの広告の受容性評価

アジア最大手のフードデリバリーサービス企業は、日本参入後初めての大規模なプロモーションキャンペーンを実施しようとしていた。キャンペーンの成功を通してブランドの最適なポジショニングを図り、市場開拓を目指していた。

コンテンツストリーミングプラットフォームの支払いプロセスの最適化

ストリーミングプラットフォームを提供する海外企業は、より直感的な支払い体験を提供するために、支払いプロセスの改善点についてフィードバックを得たいと考えていた。そこで、プラットフォーム上で支払いを行ったことがないユーザーが、支払いプロセスやオプションに対してどのような反応を示すのか、競合と比較した際の強みや弱みについて理解することを検討していた。

高級ブランドとのエンゲージメントにおけるLINEの使われ方

世界的に有名な高級ファッションブランドは、日本で最も多く利用されているメッセージアプリLINEを活用したマーケティングおよび販売戦略の確立を画策していた。高級ブランドを好むターゲット消費者が、LINEを介してどのようにブランドと接しているのか、どの程度のコミュニケーションを欲しているのかについて明らかにしたいと考えていた。

高級腕時計ブランドのポジショニング確認と広告評価

市場を先導する世界的な高級腕時計ブランドは、競合他社とのポジショニングを確認し、新たなグローバル広告キャンペーン(紙面・動画)に対する消費者からの評価を必要としていた。

高級シューズおよびバッグブランドの再活性化と新規デザインの評価

象徴的なヘリテージ・ブランドとして世界的に有名な高級シューズおよびバッグブランドは、現在の高級ブランド購入者の考え方について理解したいと考えていた。消費者ニーズの把握に加えて、ファッションインフルエンサーの意見を聴取し、さらに全世界展開を検討している新たなデザイン案と広告キャンペーンの評価を必要としていた。

高級バッグおよびアクセサリーブランドの再活性化と新規デザインの評価

世界的な高級バッグおよびアクセサリーブランドは、上流階級の顧客を保持するために、新しいグローバルキャンペーンと新規デザインの方向性を評価したいと考えていた。主要顧客について深く理解したうえで、ファッションインフルエンサーの意見を聞き、インスピレーションの出どころを探ることを検討していた。

バッグやアクセサリーを取り扱うアフォーダブルブランドのポジショニング戦略および広告評価

バッグやアクセサリーを取り扱う世界的なアフォーダブルブランド(ラグジュアリーブランドよりも手頃な価格の高級ブランド)は、近年の急成長に伴い、日本の高級ブランド市場におけるポジショニングや広告戦略の方向性を見定める必要があった。また、ファッションインフルエンサーの意見を聞くことで、今後の事業方針の決定に役立てたいと考えていた。

高級アパレルブランドの再ポジショニングとフラッグシップストアの出店戦略

世界的な高級アパレルブランドは、これまでに供与したすべてのライセンス権の買い戻しを行った後で、新たなフラッグシップストアを東京のファッションメッカである原宿に出店するための最終準備に取り掛かっていた。最適なブランドポジショニングを定め、ブランドファンや購入検討者、競合ブランドの購入者の嗜好や購買行動を掘り下げることでブランドの再定義を行うことを検討していた。

高級バッグおよびアパレルブランドの再ポジショニングとブランドリニューアル

バッグ、アクセサリー、アパレルを取り扱う世界的な高級ブランドは、ライセンスの過剰供与によってブランドの希少性が失われていることに危機感を覚え、ブランドの再活性化とブランドリニューアルを検討していた。日本市場において、消費者のブランドに対する認識やバッグやアクセサリーの新デザインに対する反応、店舗でのショッピング体験に期待することなどを探ることで、失われたレガシーを取り戻し、既存顧客と新規顧客の獲得を目指していた。

再設計を行ったB2B向けスキンケアアプリのユーザビリティテスト

市場を先導する有名なスキンケアブランドは、自社の美容部員が使用するアプリの再設計を行っていた。アプリは、顧客の肌に合った適切な商品を提案するためのアドバイスツールとして開発された。当社ではアプリのユーザビリティを調査し、アプリを使用する際に起こりうる問題点の洗い出しを行った。

日本の独特なデジタル環境とEC市場の事業機会

高級ブランド品を取り扱う多国籍企業のデジタルチームは、全世界のステークホルダーに向けて、日本のデジタル環境に関する深い洞察を含んだプレゼンテーションを予定していた。高級ブランド品をオンラインで購入する消費者の行動やプロファイル、オンラインサービスの最新トレンド、新規のECサイトやプラットフォームなどについて、最新情報を得たいと考えていた。

高級スポーツカー所有者が辿るカスタマージャーニー

世界的に有名なドイツの高級自動車メーカーは、主要顧客のタイプを特定し、カスタマーサービスやブランドに対するさまざまなニーズや期待を理解したいと考えていた。市場全体における特定のスポーツカーの所有者が非常に限られていたため、調査対象者をリクルートできるかどうかが課題だった。

プロテイン商品のポジショニング戦略の評価

有名なエナジードリンクブランドは、日本における商品ラインアップを拡張するための市場機会を模索していた。既存および新規のプロテインユーザーの飲用習慣や飲用促進要因・阻害要因、アンメットニーズを明らかにするために、定性調査を必要としていた。

ガリシア産シーフード缶詰の受容性評価

スペイン政府支援の貿易振興団体からの依頼で、タパスバーやスペイン料理店ブームが到来している日本市場において、消費者や食品サービス事業者を対象としたガリシア産のシーフード缶詰の受容性について調査を行った。

デザイナーズブランドのオンラインショッピングプラットフォームのポジショニング戦略

世界的に有名なオンラインショッピングサイトは、既存顧客と競合他社の顧客が海外のオンラインショッピングプラットフォームに期待していることやニーズを理解することで、魅力的なコンテンツ作りに役立てたいと考えていた。

高級腕時計ブランドのポジショニング戦略とグローバル広告キャンペーンの評価

世界的な高級腕時計ブランドは、自社のポジショニングを再確認すると共に、新しい広告キャンペーンに対する日本のターゲット消費者の受容性を評価することで、クリエイティブ戦略の方向性を見定めたいと考えていた。

新商品開発に向けた消費者セグメンテーションと深堀り

国際的な産業振興団体は、最も貴重な貴金属に対する日本の消費者の考え方や所有率、使用頻度を数値化したいと考えていた。また、調査結果を掘り下げることで、女性消費者の購入意欲を高められるような新商品のデザイン案の考案を目指していた。

世界的な高級ブランド所有者のオンラインおよびオフラインでの購買行動

世界的な高級ブランドは、日本の消費者が辿るカスタマージャーニーについて、ブランドへの感情的なアタッチメントから購入促進要因・阻害要因、様々な高級ブランドに対する期待や願望まで、詳しく理解したいと考えていた。カスタマージャーニーにおけるブランドの役割や影響力を特定するために本調査を実施した。

ステークホルダー間における戦略的計画の合意形成

全国展開しているフードバンク団体は、主要ステークホルダーに働きかけることで、日本における戦略的計画を策定したいと考えていた。

フードテック企業の事業展開に向けた日本人の食習慣に関する調査

食品開発を行っているある企業では、日本人の食習慣に影響を与え得る主な要因を深堀りすることで、既存のマーケットに関する知識を強化したいと考えていた。商品開発のヒントや将来の事業パートナー候補選びに役立てることを目的に本調査を実施した。

シャンパンブランドの新たな広告キャンペーンに対するオンラインコミュニティ調査

あるシャンパンブランドは、世界的に有名なアスリートを起用した新たなグローバル広告キャンペーンを日本でも開始した。プロジェクトチームは、日本の消費者がキャンペーンをどのように捉えているのか、シャンパンに対して抱いているイメージを反映できているか、またブランドの認知度やポジショニングにどのような影響を与えているのかについて理解したいと考えていた。

目の肥えた消費者に向けたオージービーフの再ポジショニング戦略

オージービーフは、オーストラリアを代表する食品として日本でも広く受け入れられているが、1980年代のブランド全盛期からそのポジショニングは変わっていない。その結果、バリュー・プロポジションが不明瞭になるばかりか、価値が下がり始め、今では安価な選択肢となりつつある。ブランドの再活性化とブランド価値の向上を図るためには有効な手立てを模索する必要があった。

日本人の食習慣と食事を決める際の意思決定プロセスに関する調査

米国のデザイン会社は、ある大手テクノロジー企業が提供するグルメ検索アプリの設計を行っていた。アプリのコンテンツや機能、デザインを消費者中心の設計にするために、消費者インサイトを獲得したいと考えていた。調査は世代間で共通する食習慣や食事を決める際の意思決定プロセスについて明らかにすることを目的とした。

急増する50歳以上の市場の獲得

日本の50歳以上の人口は急増傾向にある。今後働きかけが必要になってくるセグメントであり、かなりアクティブで健康意識が高く、自立したグループでもある。日本の保険業界の主要プレイヤーである国際的な保険会社は、このセグメントへの理解を深めることで、市場機会の発掘やイノベーションの余白の拡大を目指す戦略的計画を策定したいと考えていた。

気候変動に対する関心と行動の喚起

気候変動に関する取り組みを進めている国際団体では、日本向けのキャンペーンの実施に先駆け、キャンペーンメッセージやコミュニケーション戦略の最適化を図っていた。先を急ぐプロジェクトであったため、デザイン思考を活用した段階的なアプローチを取り入れた。

環境活動家団体の最適なポジショニング戦略

国際的な環境活動家団体は、組織の目的やDNAを保持しながらも、日本のターゲットセグメントにより身近に感じてもらい、高い関心を引けるアプローチ方法を模索していた。

ロボットテクノロジー企業に向けた介護およびアクセシビリティに関する調査

ある大手テクノロジー企業では、介護やアクセシビリティ、サポートに関する分野における日本市場の実状を理解したいと考えていた。イマージョンセッションを通して深い洞察を得ることで、既存および新たな商品開発におけるリスクヘッジを図ることを目的としていた。

世界的なタバコブランドの再ポジショニング戦略

世界的なタバコブランドは、日本におけるブランドイメージを全世界共通のものに統一したいと考えていた。再ポジショニング戦略の一環として、東アジア向けのキャンペーンを展開するために、コミュニケーション戦略の評価を行うことを検討していた。

高齢者の孤独感を癒やすソーシャルロボットの市場機会

あるスタートアップ企業は、日本のシニア市場におけるエイジテック商品の可能性を模索していた。都市部や地方に住む独居高齢者あるいはほとんどの時間を一人で過ごしている高齢者のライフスタイルや生活習慣、課題に感じていること、孤独感の定義などについて掘り下げることで、市場のニーズに即した商品開発やサービスの提供に役立てたいと考えていた。 

団塊ジュニア世代に向けたロボットテクノロジーの可能性

ロボット技術を活用した屋内モビリティ関連商品を提供しているある企業では、団塊ジュニア世代のニーズを探ることで新たな商品開発の可能性を模索していた。家事や育児、介護などの日常生活やライフスタイルについて理解することで、40代前半から50代半ばの世代が感じている課題を見出し、新たなソリューションの提案に資することを目的としていた。

高級タバコブランドの再構築

世界的なタバコブランドは、高級ブランドの再立ち上げを検討しており、日本におけるポジショニングを確立するために、購入促進要因や消費者とブランドとの結びつき方を理解したいと考えていた。消費者のブランドに対するイメージを把握するために、コミュニケーションコンテンツや商品デザインの評価を行うことになった。 

ニッチ市場向けのタバコ商品の開発

あるタバコブランドは、新商品の開発と販売に向けて一連の市場調査を行っていた。調査の一環として、潜在顧客の試作品に対する印象を評価し、日常生活のどの場面で新商品の使用が想定されるかを明らかにしたいと考えていた。 

ECプラットフォームにおける小規模ビジネスのコミュニケーション戦略の検証

世界的に有名なECブランドは、自社プラットフォームでの小規模ビジネスの販売を促進することを計画していた。プロモーションコンテンツを制作するにあたり、小規模ビジネスから商品を購入するメリットに対する既存のイメージや認識について、顧客と販売事業者の両者の観点から把握したいと考えていた。クライアントは複数市場での調査を検討しており、日本はそのうちの一つとして選ばれた。

ストリーミングサービスを利用する消費者の行動とサービス利用場面の深堀り


有名なストリーミングサービス企業では、ユーザーとのつながりを強化するための方法を模索していた...

新たなデジタルプラットフォームとタッチポイントの開発


あるクライアントは、ビジネスに変革をもたらすような新たなデジタルプラットフォームとタッチポイントの開発を行うことで、顧客とエージェント間の新しい関係性の構築を支援したいと考えていた。

日本の消費者のテイクアウト、デリバリー、外食習慣に関する調査


検索エンジンを提供する米国の企業は、日本の消費者が普段どのように自炊以外の選択肢を決定し、情報検索を行っているのかについて関心を抱いていた...

データに命を吹き込む


あるクライアントは、既存の知識や知見をもとに、アドレサブルオーディエンスの把握と市場機会の特定を狙っていた。エスノグラフィー調査を実施することで、データの解釈方法や利活用方法を理解することにつながった。

自動運転システムのユーザビリティとユーザーエクスペリエンスに関する調査


米国のテクノロジー企業は、日本国内での自動運転のデモンストレーションの実施を控えており、日本のドライバーにおけるユーザビリティとユーザーエクスペリエンスに関する調査を検討していた。

ローカルパートナーを介した市場参入


あるクライアントは、スポーツコンテンツを配信する日本向けのオンラインプラットフォームを構築したが、認知度の低さから...

日本の最新トレンド


アメリカの玩具メーカーのグローバル消費者インサイト部門では、アジア、特に日本の最新トレンドや話題のトピックのまとめ...

複数市場向けのユーザーテストとローカライゼーション


スポーツに特化した映像を配信している世界的に有名なオンラインストリーミングサービス企業では、新しいランディングページや...

自宅でのデジタル行動の把握


あるクライアントは、スポーツ観戦を行うためのリビングルームデバイスを消費者がどのように利用しているのか(活用法、プレイバック機能...

東京のゲームマーケット


世界的に有名なインターネット検索会社では、日本のゲーム市場を把握することを目的に、様々なタイプのアミューズメント施設における...

在宅ゲーマーに関する調査


あるクライアントは、日本のゲーマーの日常生活を垣間見れる機会を模索していた。新しいゲームの開発にあたり、モバイルゲームや...

モバイルゲーマーの習慣と嗜好に関する調査


ある有名なモバイルゲーム会社では、日本市場向けのモバイルゲームシリーズの投入を検討していた。日本のモバイルゲーマーのゲーム習慣を理解すると共に...

日本の消費者のゲーム行動の理解とプレイテスト


世界最大手のあるゲーム会社が日本市場への参入準備に取り掛かっていた。市場参入戦略の策定や市場投入を行うゲームの...

Y世代向けデジタル化戦略


どの業界でもデジタル化戦略の構築が真っ盛りである。弊社は世界有数のクレジットカード・ブランドを有するクライアント...

トレンドウォッチング


ある未来学の世界的権威からの依頼で18~34歳と35歳以上の日本人消費行動に影響を与える新しいトレンド、主要なトレンド、後退するトレンド...

スマートフォンを利用した個人間決済のイノベーション


今や個人間決済はデジタルへ移行している。このプロジェクトを依頼したクライアントは現在の個人間のやり取りの現状、理想と現実のギャップに加えて...

競合するクレジットカード・ブランドの脅威に対抗する戦略


日本での市場地位を守るため、あるグローバル・クレジットカード・ブランドはアグレッシブな競合会社のブランド...

リージョナル・ブランド・ポジショニングの開発


ある著名なパンの家庭用スプレッドメーカーは、現在の各国別ブランドイメージを維持しつつ、アジア・リージョンで強固なブランド...

ビジネス成長を目標としたデジタル化


どの業界でもデジタル化戦略の構築が真っ盛りである。また、一般消費者もそれを求めている。国内のあるグローバルな...

プロダクト・ユーザビリティ・テスト


これは日本でオンライン・コンテンツ・プラットフォームを導入計画しているクライアント依頼である。導入準備として、ユーザー行動を深く理解するために彼らが持つ不満、誤解、サインアップを躊躇させる要因のみならず、言語や文化がユーザー行動どう影響するかを理解する調査を実施した

スマートフォン・ゲーマー・インサイト


スマホゲームとヘビープレーヤーの生活の関係を理解したいというクライアント依頼をエンタメ系メディアにプラットフォームを提供しているIT企業...

スマートホーム・マーケット・インサイト


ハイテク市場全体と比べるとスマートホームの市場規模は小さいため、日本ではスマートホームのサービスがどのように認識されているかを...

シニア・マーケット


日本ではシニア世代の人口が急速に増加中であるが、未だに十分なマーケティングがなされていないのが現状である。彼らは非常にアクティブで...

イヤフォン型聴覚強化装置に関する調査

世界的なオーディオ機器企業は、従来の補聴器にワイヤレスイヤフォンの機能を備えた多機能型聴覚強化装置を開発した。潜在的なターゲット層における製品の受容性や関連性を理解したいと考えていた。

世界的な自動車ブランドとリテールビジネスの未来を考える

大手自動車ブランドは、日本市場をリテールビジネスやユーザーエクスペリエンス、サービスの絶対的基準として捉えることで、従業員教育やモチベーションの向上に役立てようとしていた。

市場理解とコンセプト評価

有名なストリーミングサービス企業では、ユーザーとのつながりを強化するための方法を模索していた。当社ではいくつかの拡張機能のテストを行い、市場への展開に向けた検討を行った。

新たなフードデリバリーアプリの広告の受容性評価

アジア最大手のフードデリバリーサービス企業は、日本参入後初めての大規模なプロモーションキャンペーンを実施しようとしていた。キャンペーンの成功を通してブランドの最適なポジショニングを図り、市場開拓を目指していた。

コンテンツストリーミングプラットフォームの支払いプロセスの最適化

ストリーミングプラットフォームを提供する海外企業は、より直感的な支払い体験を提供するために、支払いプロセスの改善点についてフィードバックを得たいと考えていた。そこで、プラットフォーム上で支払いを行ったことがないユーザーが、支払いプロセスやオプションに対してどのような反応を示すのか、競合と比較した際の強みや弱みについて理解することを検討していた。

高級ブランドとのエンゲージメントにおけるLINEの使われ方

世界的に有名な高級ファッションブランドは、日本で最も多く利用されているメッセージアプリLINEを活用したマーケティングおよび販売戦略の確立を画策していた。高級ブランドを好むターゲット消費者が、LINEを介してどのようにブランドと接しているのか、どの程度のコミュニケーションを欲しているのかについて明らかにしたいと考えていた。

再設計を行ったB2B向けスキンケアアプリのユーザビリティテスト

市場を先導する有名なスキンケアブランドは、自社の美容部員が使用するアプリの再設計を行っていた。アプリは、顧客の肌に合った適切な商品を提案するためのアドバイスツールとして開発された。当社ではアプリのユーザビリティを調査し、アプリを使用する際に起こりうる問題点の洗い出しを行った。

日本の独特なデジタル環境とEC市場の事業機会

高級ブランド品を取り扱う多国籍企業のデジタルチームは、全世界のステークホルダーに向けて、日本のデジタル環境に関する深い洞察を含んだプレゼンテーションを予定していた。高級ブランド品をオンラインで購入する消費者の行動やプロファイル、オンラインサービスの最新トレンド、新規のECサイトやプラットフォームなどについて、最新情報を得たいと考えていた。

デザイナーズブランドのオンラインショッピングプラットフォームのポジショニング戦略

世界的に有名なオンラインショッピングサイトは、既存顧客と競合他社の顧客が海外のオンラインショッピングプラットフォームに期待していることやニーズを理解することで、魅力的なコンテンツ作りに役立てたいと考えていた。

世界的な高級ブランド所有者のオンラインおよびオフラインでの購買行動

世界的な高級ブランドは、日本の消費者が辿るカスタマージャーニーについて、ブランドへの感情的なアタッチメントから購入促進要因・阻害要因、様々な高級ブランドに対する期待や願望まで、詳しく理解したいと考えていた。カスタマージャーニーにおけるブランドの役割や影響力を特定するために本調査を実施した。

ECプラットフォームにおける小規模ビジネスのコミュニケーション戦略の検証

世界的に有名なECブランドは、自社プラットフォームでの小規模ビジネスの販売を促進することを計画していた。プロモーションコンテンツを制作するにあたり、小規模ビジネスから商品を購入するメリットに対する既存のイメージや認識について、顧客と販売事業者の両者の観点から把握したいと考えていた。クライアントは複数市場での調査を検討しており、日本はそのうちの一つとして選ばれた。

新たなデジタルプラットフォームとタッチポイントの開発


あるクライアントは、ビジネスに変革をもたらすような新たなデジタルプラットフォームとタッチポイントの開発を行うことで、顧客とエージェント間の新しい関係性の構築を支援したいと考えていた。

データに命を吹き込む


あるクライアントは、既存の知識や知見をもとに、アドレサブルオーディエンスの把握と市場機会の特定を狙っていた。エスノグラフィー調査を実施することで、データの解釈方法や利活用方法を理解することにつながった。

ビジネス成長を目標としたデジタル化


どの業界でもデジタル化戦略の構築が真っ盛りである。また、一般消費者もそれを求めている。国内のあるグローバルな...

プロダクト・ユーザビリティ・テスト


これは日本でオンライン・コンテンツ・プラットフォームを導入計画しているクライアント依頼である。導入準備として、ユーザー行動を深く理解するために彼らが持つ不満、誤解、サインアップを躊躇させる要因のみならず、言語や文化がユーザー行動どう影響するかを理解する調査を実施した

スマートホーム・マーケット・インサイト


ハイテク市場全体と比べるとスマートホームの市場規模は小さいため、日本ではスマートホームのサービスがどのように認識されているかを...

イヤフォン型聴覚強化装置に関する調査

世界的なオーディオ機器企業は、従来の補聴器にワイヤレスイヤフォンの機能を備えた多機能型聴覚強化装置を開発した。潜在的なターゲット層における製品の受容性や関連性を理解したいと考えていた。

市場理解とコンセプト評価

有名なストリーミングサービス企業では、ユーザーとのつながりを強化するための方法を模索していた。当社ではいくつかの拡張機能のテストを行い、市場への展開に向けた検討を行った。

新たなテレビ番組のポジショニング戦略

あるクライアントは、近日制作予定の新しいテレビ番組の受容性を評価したいと考えていた。訴求したいコンセプトの強みを理解し、ターゲット視聴者にとって魅力的な番組にするためのポジショニング戦略の策定を検討していた。

ストリーミングサービスを利用する消費者の行動とサービス利用場面の深堀り


有名なストリーミングサービス企業では、ユーザーとのつながりを強化するための方法を模索していた...

ローカルパートナーを介した市場参入


あるクライアントは、スポーツコンテンツを配信する日本向けのオンラインプラットフォームを構築したが、認知度の低さから...

日本の最新トレンド


アメリカの玩具メーカーのグローバル消費者インサイト部門では、アジア、特に日本の最新トレンドや話題のトピックのまとめ...

複数市場向けのユーザーテストとローカライゼーション


スポーツに特化した映像を配信している世界的に有名なオンラインストリーミングサービス企業では、新しいランディングページや...

自宅でのデジタル行動の把握


あるクライアントは、スポーツ観戦を行うためのリビングルームデバイスを消費者がどのように利用しているのか(活用法、プレイバック機能...

東京のゲームマーケット


世界的に有名なインターネット検索会社では、日本のゲーム市場を把握することを目的に、様々なタイプのアミューズメント施設における...

在宅ゲーマーに関する調査


あるクライアントは、日本のゲーマーの日常生活を垣間見れる機会を模索していた。新しいゲームの開発にあたり、モバイルゲームや...

モバイルゲーマーの習慣と嗜好に関する調査


ある有名なモバイルゲーム会社では、日本市場向けのモバイルゲームシリーズの投入を検討していた。日本のモバイルゲーマーのゲーム習慣を理解すると共に...

日本の消費者のゲーム行動の理解とプレイテスト


世界最大手のあるゲーム会社が日本市場への参入準備に取り掛かっていた。市場参入戦略の策定や市場投入を行うゲームの...

スマートフォン・ゲーマー・インサイト


スマホゲームとヘビープレーヤーの生活の関係を理解したいというクライアント依頼をエンタメ系メディアにプラットフォームを提供しているIT企業...

新たな投資商品およびサービスの評価

米国第二位のミューチュアル・インデックス・ファンドは、日本の主要顧客層である50歳以上の男性について、新たな投資商品およびサービスに対する反応やオンラインでの商品購入や株式・債券取引を可能にするオンラインインターフェースに対する反応を理解したいと考えていた。

急増する50歳以上の市場の獲得

日本の50歳以上の人口は急増傾向にある。今後働きかけが必要になってくるセグメントであり、かなりアクティブで健康意識が高く、自立したグループでもある。日本の保険業界の主要プレイヤーである国際的な保険会社は、このセグメントへの理解を深めることで、市場機会の発掘やイノベーションの余白の拡大を目指す戦略的計画を策定したいと考えていた。

Y世代向けデジタル化戦略


どの業界でもデジタル化戦略の構築が真っ盛りである。弊社は世界有数のクレジットカード・ブランドを有するクライアント...

スマートフォンを利用した個人間決済のイノベーション


今や個人間決済はデジタルへ移行している。このプロジェクトを依頼したクライアントは現在の個人間のやり取りの現状、理想と現実のギャップに加えて...

競合するクレジットカード・ブランドの脅威に対抗する戦略


日本での市場地位を守るため、あるグローバル・クレジットカード・ブランドはアグレッシブな競合会社のブランド...

シニア・マーケット


日本ではシニア世代の人口が急速に増加中であるが、未だに十分なマーケティングがなされていないのが現状である。彼らは非常にアクティブで...

果物産業におけるブランドエンゲージメントの機会を探る

世界的な果物製造業者は、現在のライセンシング状況について把握し、日本市場における新しい分野への参入戦略を策定することを目指していた。

消費者と協働で作り上げる商品開発をサポート

ニュージーランド発の有名なフードブランドは、収益性の高い日本の高齢者市場で培われてきた健康を増進させる栄養素(サプリメントや食品添加物として、歳を重ねても身体の強さやウェルビーイングを高めるもの)に関する技術的ノウハウを獲得したいと考えていた。

新たなフードデリバリーアプリの広告の受容性評価

アジア最大手のフードデリバリーサービス企業は、日本参入後初めての大規模なプロモーションキャンペーンを実施しようとしていた。キャンペーンの成功を通してブランドの最適なポジショニングを図り、市場開拓を目指していた。

プロテイン商品のポジショニング戦略の評価

有名なエナジードリンクブランドは、日本における商品ラインアップを拡張するための市場機会を模索していた。既存および新規のプロテインユーザーの飲用習慣や飲用促進要因・阻害要因、アンメットニーズを明らかにするために、定性調査を必要としていた。

ガリシア産シーフード缶詰の受容性評価

スペイン政府支援の貿易振興団体からの依頼で、タパスバーやスペイン料理店ブームが到来している日本市場において、消費者や食品サービス事業者を対象としたガリシア産のシーフード缶詰の受容性について調査を行った。

フードテック企業の事業展開に向けた日本人の食習慣に関する調査

食品開発を行っているある企業では、日本人の食習慣に影響を与え得る主な要因を深堀りすることで、既存のマーケットに関する知識を強化したいと考えていた。商品開発のヒントや将来の事業パートナー候補選びに役立てることを目的に本調査を実施した。

シャンパンブランドの新たな広告キャンペーンに対するオンラインコミュニティ調査

あるシャンパンブランドは、世界的に有名なアスリートを起用した新たなグローバル広告キャンペーンを日本でも開始した。プロジェクトチームは、日本の消費者がキャンペーンをどのように捉えているのか、シャンパンに対して抱いているイメージを反映できているか、またブランドの認知度やポジショニングにどのような影響を与えているのかについて理解したいと考えていた。

目の肥えた消費者に向けたオージービーフの再ポジショニング戦略

オージービーフは、オーストラリアを代表する食品として日本でも広く受け入れられているが、1980年代のブランド全盛期からそのポジショニングは変わっていない。その結果、バリュー・プロポジションが不明瞭になるばかりか、価値が下がり始め、今では安価な選択肢となりつつある。ブランドの再活性化とブランド価値の向上を図るためには有効な手立てを模索する必要があった。

日本人の食習慣と食事を決める際の意思決定プロセスに関する調査

米国のデザイン会社は、ある大手テクノロジー企業が提供するグルメ検索アプリの設計を行っていた。アプリのコンテンツや機能、デザインを消費者中心の設計にするために、消費者インサイトを獲得したいと考えていた。調査は世代間で共通する食習慣や食事を決める際の意思決定プロセスについて明らかにすることを目的とした。

日本の消費者のテイクアウト、デリバリー、外食習慣に関する調査


検索エンジンを提供する米国の企業は、日本の消費者が普段どのように自炊以外の選択肢を決定し、情報検索を行っているのかについて関心を抱いていた...

トレンドウォッチング


ある未来学の世界的権威からの依頼で18~34歳と35歳以上の日本人消費行動に影響を与える新しいトレンド、主要なトレンド、後退するトレンド...

リージョナル・ブランド・ポジショニングの開発


ある著名なパンの家庭用スプレッドメーカーは、現在の各国別ブランドイメージを維持しつつ、アジア・リージョンで強固なブランド...

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.