ケーススタディ

食品&飲料

日本の消費者のテイクアウト、デリバリー、外食習慣に関する調査

検索エンジンを提供する米国企業は、日本の消費者が普段どのように自炊以外の選択肢を決定し、情報検索を行っているのかについて関心を抱いていた。テイクアウトの利用状況やフードデリバリーアプリの使われ方、オンライン予約や口コミを行えるサイトが外食先を決める際にどのような役割を果たしているのかについて、理解を深めたいと考えていた。また、テイクアウト、デリバリー、外食の各選択肢の強みと弱みを深堀りするための調査を検討していた。

日本の消費者のテイクアウト、デリバリー、外食習慣に関する調査

当社の役割

  • ネット掲示板を活用した4日間の消費者調査を実施し、集まった対象者に普段の食生活や改善点などに関する様々な質問に回答してもらった。 
  • すべての対象者に4日間にわたって食生活ダイアリーをつけてもらった。毎日3食の食事内容を写真とともに説明してもらい、どのように食事を調達したのか、調達方法の強みや弱みについて記録をつけてもらった。

結果

  • 包括的な調査の結果、日本の消費者に好まれる検索方法や、新しいレストランやデリバリーサービスを探すうえで信頼度が高い口コミサイトを把握することができた。 

「おかげさまで、日本における外食の選択肢について十分な理解を深めることができました。日本の消費者の外食習慣について学べたことは、大変貴重な経験になりました。」

- クライアントの声
食品&飲料

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.