当社の市場調査サービス > アクティベーション > 日本の真の姿を明らかに:ステークホルダー向けのコンテンツ制作

日本の真の姿を明らかに:
ステークホルダー向けのコンテンツ制作

当社では、マーケット・リサーチを通じて得られたすべてのデータを統合し、将来へ繋がるブランドガイドラインを作成するためのサポートを提供しています。

背景

没入型の調査手法から得られた学びを明確に具現化していくのには時間がかかります。調査に参加していなかったチームメンバーにとっては、プロジェクトから導き出された結果や提案が、それまで正しいと信じられていた仮説に反するものである場合もあります。また単に、企業内のステークホルダーの方が日本市場に関する情報に十分に精通していないケースもあり、その場合は啓蒙プロセスが必要になることもあります。

また時には、外部のステークホルダー教育を率先して行うことが求められることもあります。その際には、当社が提供する消費者インサイトに関わるデータを国内外のステークホルダーに向けて広く発信できるよう、サポートしていくのが当社の役目です。

ステークホルダー教育の流れ

ステークホルダーに対する教育は様々なデジタル・アナログメディアを用いて行います。視覚的に美しい印刷可能なレポートやインフォグラフィックなどの従来のアプローチを離れ、ビデオビネットや長めの動画を活用することで、視聴者が没入感を持って日本市場に関する知見を深める機会を提供できます。視聴覚媒体は効果的であるばかりでなく、何度も繰り返し使用できるという点にもメリットがあります。

映像や音声、イマージョンを通して新たな発見に対する驚きを体験することで、ステークホルダーが調査結果や提案を受け入れやすくなるという効果が期待できます。これによって、組織全体から支持された形で、消費者中心型のマーケティング戦略の策定を行うことが可能になるほか、外部のステークホルダーから信頼されるような、思想的リーダーとしての立ち位置を確保することにもつながります。

当社は、お客様の社内マーケティングチームと一丸となって、コンセプトの考案から最終的なコンテンツの制作(特定の動画制作、デジタルおよび紙面コンテンツの制作)に至るまでのプロセスを支援し、お客様の内部リソースの最大化を図ります。

目標設定からコンテンツの制作、関心を高めながら情報の浸透までのすべてのプロセスを丁寧にご指導いたします。

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.