市場調査レポート:
お客様のニーズに特化した情報提供

当社では様々な分野の企業様や業界向けに、コンテンツの豊富な市場調査レポートを制作し、データだけではわからない日本市場の真の姿を掘り下げ、お客様のビジネスの可能性を探る手段の一つとして広く活用いただいております。

すべてのマーケティングリサーチが一次データの収集から始まるわけではありません。場合によっては、一次調査に適した対象者の絞り込みを行う際の材料として、まずは海外との違いも含めて日本市場の全体像の把握から始めるケースもあります。

当社の市場調査レポートからわかること

当社では、二次データ(例:雑誌、ウェブサイト、ブログ、新聞、政府や民間企業発行のレポートなどの出版物)を活用することで、市場のトレンドや市場参入状況、市場概要、新製品の可能性、製品のリポジショニング、新製品の開発、競合他社のモニタリング、消費者トレンドの予測などの情報の収集および補強を行っています。

当社では、お客様のニーズに特化した「市場概要」レポートを二次調査に基づいて作成しており、日本およびアジア市場の各業界の動向をはじめ、以下の分野を網羅する明確な考察を日本語で提供しています:

  • 市場規模、マーケット・セグメンテーション、成長率
  • 競合他社と価格
  • 業界および消費者の動向
  • 流通チャネル
  • 法的規制

市場調査レポートの活用法

当社では、市場調査レポートを通して、市場参入やブランドのリポジショニングに関する成功要因や注意点の分析を行っています。日本市場参入の成功例(および失敗例)についてもケーススタディを通して学んでいただけます。

当社のリサーチャーは30年以上に渡って培った経験をもとに、B2CおよびB2B向けの製品やサービス(例:アンチエイジングスキンケア、ファストフードレストラン、カジノ・ゲーム、支払いシステム、栄養サプリメント、手術室用フローリング)について、幅広い分野の市場調査レポートを制作してきました。

まずはお客様がどのようなデータを必要としているのかの洗い出しを行い、そのニーズを満たすための最大限のデータ収集を行った後で(日本語のデータおよびソース)、最終的に英文で市場調査レポートにまとめ上げます。日本市場における課題やオポチュニティに対する理解を高める手段として、当社のお客様に広くご活用いただいています。

正確な最新データに基づいた市場調査レポート

まずはじめに、当社が20年以上会員として登録している日本能率協会総合研究所マーケティング・データ・バンク(MDB)(デジタル、アナログ問わず、日本語でのニュースや世界各国の産業および市場調査関連の出版物を格納している日本最大のデータバンク)にアクセスすることで、調査を開始します。加えて、ありとあらゆるソースから日本語の情報を集めることで、データを補強していきます。

二次調査を行う際には、補完的に「インフルエンサーインタビュー」(その業界のインフルエンサーや専門家を対象とする1~2時間程度のインデプスインタビュー)や記号論分析を実施するケースが多々あります。補完調査を行うことで、情報の不足部分を埋めることができ、消費者とのタッチポイントを明らかにすることやSWOT分析に役立ちます。

最後に、二次調査はディスカッションガイドや調査票を作成する際のインプットとして非常に有用な情報を提供してくれます。そのため、二次調査を「第1フェーズ」として、定性調査や定量調査の設計を行う際の材料として利用することも多くあります。特に市場参入を検討しているケースにおいてはこうした使われ方をすることがほとんどです。

市場調査レポートに関するケーススタディはこちら

より詳しく

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.