定性調査

Focus Group Market Research Japan

フォーカスグループ

フォーカスグループインタビューを通して、新製品やウェブサイトデザイン、広告メッセージ、ポジショニングステートメントに対する評価やカテゴリーニーズなどを明らかにします。

より詳しく
Ethnography Market Research Japan

エスノグラフィック・リサーチ

エスノグラフィとは、対象となる集団に対してインタビューや行動観察を行うことで、消費者行動やニーズを明らかにしていく没入型のリサーチ手法です。

より詳しく
In Depth Interviews Market Research Japan

デジタル・エスノグラフィ

デジタル・エスノグラフィ(またはバーチャル・エスノグラフィ)では、対象者の行動やアクティビティ、商品との関わり方をリアルタイムで効率よく把握します。

より詳しく
In Depth Interviews Market Research Japan

インデプスインタビュー

ミラールームや対象者の自宅での対面インタビューは、対象者にとってデリケートなトピックや特にパーソナルな意見や反応を明らかにしたい時に最適です。

より詳しく
Usability Market Research Japan

ユーザビリティテスト

ウェブサイトデザインやアプリの機能、ゲーム製品、デジタルカメラなどの使用感を調査する際には、オンサイトまたはミラールームで対象者に現物を使用してもらい、操作性を評価してもらいます。

より詳しく
Accompanied Shopping Market Research Japan

ショッピング同行インタビュー

目の肥えたこだわりの強い日本の消費者のショッピングに同行し、観察的・心理学的アプローチを用いて小売環境の最適化につながる具体策を明らかにします。

より詳しく
Online Communities Market Research Japan

オンラインコミュニティ

条件を満たした的確な対象者から成るオンラインコミュニティを構築することで、消費者からのフィードバック総数を増やし、貴重な意見の掬い上げを行います。

より詳しく

顧客を深く理解し、顧客ニーズをビジネスの中核に置くことが成功への道につながる

当社では30年以上に渡り、日本およびアジア太平洋地域における定性調査・探索型リサーチの手法を磨き上げてきました。日本と欧米、両者の視点に基づき、ビジネスの課題に寄り添った的確な定性調査を実施することで、日本市場における消費者のニーズや商機について、より深い洞察を得られるようになります。

日本の消費者を深く理解する

当社では、伝統的なリサーチ手法(フォーカスグループやインデプスインタビューなど)からオンサイト手法(体験型リサーチやエスノグラフィ調査、ユーザビリティテスト、同行ショッピング)まで、幅広い調査手法を活用して消費者理解を深めていきます。これらの定性調査から得られた結果を元に、記号論や日本のブランド・アーキタイプを深く理解した文化的感受性が高いアナリストによって分析が行われます。

適格な対象者を確実に抽出する

当社のリクルートおよびリソース部門は、プロジェクトマネジメントチームと密接な連携を図りながら、選定条件を満たした適格な対象者の抽出を確実に行っています。これによって、条件を満たした消費者の明瞭な意見をリスニングできるようになり、重要な意思決定の根拠として安心してご活用いただけます。

家庭用品から高級品、金融、ヘルスケア分野に至るまで、当社のバイリンガル
モデレーターが、フォーカスグループを始め、エスノグラフィック・
インタビューや同行ショッピング調査を担当します。

経験に基づいた実践的なモデレーションスキルが定性調査を成功に導く

家庭用品から高級品、金融、ヘルスケア分野に至るまで、当社の日英バイリンガルモデレーターが、日本国内におけるフォーカスグループやインデプスインタビューを始め、エスノグラフィック・インタビューや同行ショッピング調査を担当します。日本の消費者と多国籍クライアントと培った豊富な経験・知識をもとに、調査目標の達成を支援します。

フレキシブルでカスタマイズされた調査設計で調査目標を達成

当社の調査コンサルタントは、国内または複数国にまたがる調査設計および調査実施能力に長けており、プロジェクトマネージャーやアナリストは全員バイリンガル/バイカルチャラルで、信頼性の高いアウトプットを生み出す力と優れた分析能力を誇る人材です。

アジアに拠点を置く当社では、調査の全行程の設計・管理を徹底して行っています。長年に渡り信頼関係を築き上げてきた現地のモデレーターと連携して入手するインプット情報から最終的な調査成果を導き出します。

ケーススタディ

果物産業におけるブランドエンゲージメントの機会を探る

世界的な果物製造業者は、現在のライセンシング状況について把握し、日本市場における新しい分野への参入戦略を策定することを目指していた。

新たな投資商品およびサービスの評価

米国第二位のミューチュアル・インデックス・ファンドは、日本の主要顧客層である50歳以上の男性について、新たな投資商品およびサービスに対する反応やオンラインでの商品購入や株式・債券取引を可能にするオンラインインターフェースに対する反応を理解したいと考えていた。

イヤフォン型聴覚強化装置に関する調査

世界的なオーディオ機器企業は、従来の補聴器にワイヤレスイヤフォンの機能を備えた多機能型聴覚強化装置を開発した。潜在的なターゲット層における製品の受容性や関連性を理解したいと考えていた。

サービス一覧に戻る

Let's Talk

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.