当社の市場調査サービス > 定量調査 > マーケットプロファイリング(使用実態・意識調査)

マーケットプロファイリング(使用実態・意識調査)

マーケットプロファイリングとは、製品・サービスに対する意識や考え方、行動、ニーズに基づいて消費者をグループ化し、市場の成長機会を特定する重要な定量調査手法です。これによってターゲット化を行う価値のあるマーケットセグメントを特定します。

お客様の製品やサービスに対して(お客様が日本市場未参入であればお客様の競合他社製品やサービスに対して)消費者が現在どのような関わり合いを持っているのかを理解することは、ポジショニングや戦略の策定を行ううえで非常に重要な要素です。

使用実態・意識調査を通して以下のことが明らかになります:

  • 購入者のタイプ(年齢、性別、心理学的特徴)
  • 購入頻度、直近の購入経験、購入チャネル
  • ブランド認知度
  • お客様のブランドや競合ブランドに対する意識や考え方
  • 消費者ニーズ

使用実態・意識調査をはじめ、その他の定量調査を活用したケーススタディはこちら

より詳しく

お問い合わせ

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.